top of page
木々

診療内容

背景

精神科

心の症状や病気を専門として、心の病気そのものの治療を行います。落ち込みやイライラ、落ち着かないなどの気分症状、眠れなかったり、寝過ぎてしまうなどの睡眠症状、幻聴や幻覚などの精神症状のほか、こだわりや物忘れなどの認知症も対象で、うつ病や躁うつ病、統合失調症、パニック障害などの不安障害、脅迫性障害やPTSDなどの心の病気の診療を行なっています。

相談される症状の例

近所の人が監視しているように感じる

疲れているのに夜眠れない

些細なことにこだわってしまう

周りの人が悪口を言っている気がする

何度も同じ確認を繰り返してしまう

ドキドキして心細くなり不安が強い

誰かに後をつけられていると感じる

子どもの頃から落ち着かない

物忘れが増えてきた

体調や気分は変わらなず、集中ができない

背景

身近につらそうな人がいる場合に受診への促し方

「疲れた」という言葉を繰り返している、昼頃まで起きれなくなって生活リズムが崩れている、服装に無頓着になる、急に自信家になる、浪費に走ったりするなど、行動の変化に現れると、ご家族や周りの人から見ると怠けているように思われたり、性格が変化したように感じられるかもしれませんが、もしかしたらその背景に身体疾患や精神疾患が隠れている可能性があります。

そういった人が家族や友人の中にいる場合に「いつもと違って様子がおかしい。病気だと思うから精神科か心療内科を受診しよう」というと、自分はどこも悪くない、気のせいだと病院へ行きたがらないのが普通です。ですので、「おかしいから」と言わず、「病気じゃないことを確認しに行こう」と声を掛けることが大切です。
心や体の不調があれば、ご本人が一番不安を感じているはずです。ご家族や同僚など身近な方が付き添って早めに受診することで、早期治療につなげることができます。

女性 体調不良
新緑

お問合せ

不安なことや何か気になることなどございましたら、お気軽にご相談ください。

058-266-5010

bottom of page